スマートライフ・ハッカソン#1

12月14日のスマートライフ・ハッカソン#1の報告エントリです。

当日は期待以上の盛り上がりで、Unityを使った建物制御や、建物を使ったゲーミフィケーションの可能性を垣間見ることができました。参加者の皆さんも楽しそうでよかったです。来年も(きっと)やります!よろしくお願いします!

なお、今回は9チームの参加がありました。当日の作品はMakersHubに一部まとめられています。こちらもチェックしてみてください。

当日は、見学者含めて40人近くの方々に来ていただきました。高校生から職業的なUnity使い、建設関係の方まで含めて、実に多種多様です。

ちなみに審査委員長は、慶応義塾大学の中西泰人准教授。実空間と仮想空間をつないだ新たなインタラクションなどの研究をされています。中西研究室のブログはこちら

審査委員長の中西准教授ほかのの審査員は、主催の大塚商会・竹中工務店のメンバー、協賛のTスポットの瀧澤さん、ソニーCSLの大和田さん、NEO(新世代ワークプレイス研究センター)から、Xcooの西村さんなどにご協力いただきました。

以下のそれぞれのチームの紹介をしますが、中西准教授による全体のご講評としては、「リアルワールドプログラミングをしているチームの評価が高かった」ということ。コンテンツの作りこみもありましたが、実空間と仮想空間を意識的に連携させ、インタラクションを模索したチームに票が集まったようです。

チーム妖精 : なかよしレイちゃん、サバイバル麗ちゃん 【萌家電賞】

DSC03309

萌家電賞の要件としてソニーCSLから提供された「蒼井麗」のモデルを使うこと、某家庭の分電盤の情報を利用すること、の2点がありました。それらにスマートに(?)応えたことが評価されたのでしょう。

スマートライフオフィスに設置した、iBeaconの情報をうまく活用し、それに基づいて「蒼井麗」の位置を変更し、照明の色などを変えていました。また、iPadの角度や、分電盤の情報を使って部屋の傾きを制御し、部屋をめちゃくちゃにしていました。仮想空間はなんでもできるんだな、と思い知らされた次第です。

チーム毒電波 : 毒電波 【大塚商会賞】

DSC03315

 

当日はお一人での参加となりましたが、逆境に負けない素晴らしいプレゼンテーションを見せてくれました。「蒼井麗」とユニティちゃんをたくさん仮想空間上に展開していただいていました。真面目に課題に取り組まれていて、きちんとセキュリティを考慮することを宣言するなど、さすがの職業意識です。

チーム残業禁止  : スマート無残業 【大塚商会賞】

DSC03323

DSC03327

スマートライフオフィスを家庭と見立てて、省エネを強制的に達成するシステムを考案いただきました。帰りが遅くなると勝手にエアコンがついたり、テレビがついたりします。帰りが遅くなると、大音量でいかがわしい(!)コンテンツを勝手に流してくれるそうです。個人の名誉のためにも早く家に帰るしかない!!

Unityの使い方が流石で、きちんと開始の画面から操作画面まで、きちんと完結したアプリになっていたのに感動しました。

チーム大石 : Visimax 【NEO賞】

DSC03330

竹中研究所にあるVisimaxという3Dシアターから、スマートライフオフィスの操作を可能にしました。3D眼鏡をかけることで、モデルの立体視も可能で、ジェスチャーによる照明・空調制御のためにKinectを活用していました。正確に言うと、ジェスチャーで出現したライトセーバーを操って、照明・空調を消したりしていました。

Unityだと、簡単に立体視用の書き出しができるから便利ですね!

チームひとり#1 : OFF ⇔ ON(仮)  【竹中賞】

DSC03335

Unityの練習も兼ねて、とコメントされていましたが、スマートライフオフィスを使った、素敵なモグラ叩きのようなゲームを作成いただきました。勝手に点滅する照明を消していくゲームです。Unityといったらやっぱりゲームでしょう!

あまりに高速にゲームが進むので、実空間側の連動が完全に出来なかったのは、我々の責任です。

チームひとり#2 : Programming with Yukari 【Tスポット賞】

DSC03339 DSC03341

普段から実空間プログラミングに苦労されている経験を活かして、バーチャル空間のオブジェクトを直感的に操作することで、実空間のオブジェクトを操作できるシステムを製作いただきました。ついでに優秀な言語インターフェイスまでつけていただいて….!

Tスポット賞ということで、自由に遠隔から操作可能な照明器具であるHueのスターターキットを贈らせていただきました。こちらも是非にシステムの制御対象に組み込んでください!

チームひとり、そして誰もいなくなった : Smart HAUNTED 【竹中賞】

IMG_6221

DSC03345

省エネするにはやっぱり呪われた鏡面世界を召喚するに限るでしょう、というぶっ飛んだコンセプトの作品。プロジェクターで鏡面世界をスマートライフオフィスの壁面に投影するのですが、これがなんとも不気味で怖い!ついでに照明だのがチカチカするのが、なんとも寒気を誘います。

プレゼンテーションも慣れた感じで、とても素敵でした。やったね省電力!

ジャバ・ザ・キャット   : SMART FORCE episode1 【スマートライフ賞】

DSC03351

DSC03355

栄えある第一回のスマートライフ賞!

スマートフォンを使って、フォース(視線に)によって照明を消すことができます。話題の100LUSなんかを使って、気軽に没入感に浸れることもポイントです。それっぽいオープニングに加え、様々なモード設定、プレゼンテーションに至るまで、完成度の高さが光る作品でした。EPISODE2を期待します!

スマートライフ賞の景品として、大塚商会よりスマートコンセント(Plugwize)のセットを贈らせていただきました。自宅で省エネに励んでください!

チーム簗瀬 : SmartLife Snowboy 【NEO賞】

特別ゲストのUnity Technologies Japanの簗瀬さんですが、短時間にも関わらず、雪だるまを操作することでスマートライフオフィスの照明を消してくれる作品を作っていただきました。ついでに、蒼井麗まで出現させるサービスぶりです。

Unityであれば、どんな少ないコードでこれらを簡単に記述できるか、熱く語っていただいたのが印象的でした。

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です